沿革の紹介

聖霊の力によって教会を設立する

二千数年前に主イエス・キリストは肉体となって現われ、十字架につけられて貴い血が流されました。そして聖霊によって教会が建てられました(使徒20:28)。
今日に至って、真の神の御救いの恵みは絶えることなく世人に顕われます。1917年、聖霊の御働きにより聖書の約束通り、後の雨の聖霊が自ら使徒時代を復興する真イエス教会を設立しました。聖霊の流れと御教えの流れに於いて、真イエス教会と使徒初期の教会とは一脈相通じます。丁度聖書の預言通りです。「その後、わたしは帰ってきて、倒れたダビデの幕屋を建て替え、くずれた箇所を修理し、それを立て直そう。残っている人々も、わたしの名を唱えているすべての異邦人も、主を尋ね求めるようになるためである。世の初めからこれらの事を知らせておられる主が、こう仰せになった」(使徒15:16~18、アモ9:11~12)。

真イエス教会は、聖霊自ら建てられ、真の神が定められる御旨に従い、聖霊の力と啓示によって、全き真理を宣べ伝えると同時に、しるしと不思議があかしをします(ロマ15:18 ~19、マル16:20)。

 全き福音によってすべての人を引き寄せる

1917年中国北京に於いて聖霊が真の教会を設立し、1925年中国福建省から台湾に伝わり、その翌年マレーシアに渡ってアジア各国に至りました。1931年ホノルルおよび米国、中南米等地区に伝えられました。1976年英国に教会設立、真理がヨーロッパに伝えられました。1978年真理がナイジェリア及びアフリカの国々に伝えられました。1980年、1988年真理がそれぞれ大洋州のオーストラリアやニュージランドに渡り、福音の種が速やかに世界五大州60の国々に伝えられ、各地の教会も次々と設立されました。

 主と共に住むことによって約束が成就される

真の教会は自立、自養、自伝の精神をもって、使徒たちや預言者たちという土台の上に建てられたもので、キリスト・イエスご自身が隅のかしら石で、霊なる神のすまいとなるのです(エペ2:20~22)。主イエスに託された「全世界に出て行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えよう」(マル16:15)という大使命を完成し、主イエスの「聖霊があなたがたにくだる時、あなたがたは力を受けて、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、さらに地のはてまで、わたしの証人となるであろう」(使徒1:8)との御約束を成就するのです。